年齢なんて感じさせない!
看護師

美容整形で若返り効果

しわやたるみを解消する為のアンチエイジング効果を得る為には美容整形がおすすめです。その為のクリニックは、アフターケアの充実やドクターとの相性も考慮しながら選ぶ事をおすすめします。そうする事で、より満足のいく施術を受ける事が出来るでしょう。

カウンセリング

肌の基礎を知る

肌の皮膚がたるんできたりするのを防ぐには、クリニックでやっているアンチエイジングをやってみることです。口コミで人気のクリニックでヒアルロン酸を使った施術をした人は、栄養バランスを考えた生活をすることで長持ちさせることができます。

若作りのことではない

鏡を見る人

体の中から若々しく

アンチエイジング(抗老化)、という言葉は日本でも10数年前から定着しています。主に見た目を若く見せる、という意味で使われる場面が多いですが、本来アンチエイジングとは「老化を食い止める」こと全般であり決して外見だけを繕って若作りすることではありません。老眼、ホルモンバランス、ドライマウスやそれに起因する口臭、歯周病、加齢臭、新陳代謝の低下など、年齢を重ねることによって起こる体の変調を総合的に防ぐことがアンチエイジングです。むしろ、体の中から若さや健康を保つ事が外見の若々しさやみずみずしさにつながると言えるでしょう。健康的な食生活や、適度な運動などのライフスタイルに気を付けて、全体的な若さを保った上で、更に容貌的な部分を改善するために効果的なのが美容整形、美容外科でのアンチエイジング治療です。まず、エイジングのサインで一番気になるものと言えば、皺、シミ、たるみではないでしょうか。現代の美容外科は日進月歩で、大がかりな手術をせずとも適度に修正できる施術が沢山あります。まず、小じわや表情皺が気になる場合はボトックスです。筋肉を一時的に麻痺させるため、眉間や額の深い皺や目元の笑いジワなどに抜群の効果を発揮します。また、表情筋に直接注射するのではなく、表皮に細かく注入することで、肌のハリを持たせるメソボトックスやマイクロボトックスと呼ばれる施術も人気です。ビタミンやヒアルロン酸などをカクテルした水光注射と呼ばれる美肌注射とブレンドした、更に効果的な治療法もあります。その他、老化や新陳代謝の低下によるくすみや、肌全体の質感に対応した様々なレーザー、照射系の治療プログラムがあります。一回あたりの効果が目に見えるわけではありませんが、違和感なく若さを保つためには大変有効です。自分の顔は間近でしかチェックしない場合が多く、全体の印象が与える若さまたは老け感に鈍感になってしまいがちですが、レーザーなどの包括的なトリートメントは、そういった何となくの若々しさを生み出すサポートになります。シミに関しては、レーザー治療が一般的ですが、紫外線などでできる通常のシミと、ホルモンバランスで出来る肝斑や老人性のシミとは治療のアプローチが変わってくるため、ドクターと相談することが不可欠です。レーザー治療後の紫外線ケアなども重要になりますので、シワ系の治療よりは長い目で見ていく必要があります。たるみはエイジングサインの中でも一番目立ちます。加齢により皮膚組織や筋肉、または頭皮が老化することによってフェイスラインがぼやけてしまい、締まりの無い中年顔が出来上がります。軽いものであればほうれい線部分にヒアルロン酸を注入することで対応が可能ですが、引き締まった若さを取り戻すにはどうしても「たるんだものを引き上げる」治療が必要になってきています。リフティング治療というと、大がかりな手術を連想する方がおおいですが、こちらも今はHIFUと呼ばれているレーザー系の治療でもある程度改善できます。もう少し目に見える即効性を求める場合は、糸でたるんだ脂肪や皮膚を引き上げる治療があります。

女の人

IPL治療の種類

顔にIPL(インテンス・パルス・ライト)を照射して肌を若返らせる治療が人気です。よく美容外科で利用されているのが、フォトフェイシャルやライムライトです。アンチエイジング効果がある高周波RFを組み合わせたフォトRFという照射治療もあります。